【転生したらスライムだった件】第10話あらすじ|感想

「転生したらスライムだった件」第10話「オークロード」を視聴しました。

リムルの女の子(?)姿にも少し慣れてきました。

オーガたちが仲間になり、リムルたちもかなり戦力アップになったのではないでしょうか。

メインキャラクターたちが揃ってきた第10話でした。

前回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第9話あらすじ|感想

第10話あらすじ

リムル久しぶりの食事の感想は…

楽しみにしていた宴会開始!

リムルはさっそく人間の姿で肉を食べて、この世界で初めて味を感じられたことに感動します!

リムルのリアクションがかわいいです。。。

宴会の隅では

リグルドとオーガたちが今回の経緯について話をしています。

オークたちがオーガの里に攻めてきたとのこと。

公式ページより引用

しかし、この世界の常識で考えれば圧倒的に格下であるオークが、オーガの里を襲うなんてあり得ないのです。

おそらく、裏で魔神が手を引いている可能性があります。

公式ページより引用

オーガたちが、恨まれる心当たりがあるという魔神が「ゲルミュット」だったのです。

リムルも以前、ゴブリンのリグルからその魔神の名前を聞いたことがあります。

オークたちに復讐をしたいが、力及ばないオーガたちに対してリムルは仲間にならないか提案します。

何かあれば一緒に戦い「仲間は見捨てない」と。

オーガは、一晩返答を考えます。

公式ページより引用

鬼人誕生

翌日正式に、主従関係を結びたいとオーガから返答がありリムルは、オーガたち6人を集めます。

そして、オーガたち一人一人に名付けをしていきます。

今回は6人だから余裕だと思っていたリムルですが、上位魔物であるオーガたちに名付け後、スリープモードになってしまいました。

魔力の高いものに名付けをすると、その分魔力を消費するようです。

こうしてオーガたちは、名前をもらいオーガから鬼人に進化しました。

進化した鬼人たち
赤丸(ベニマル) オーガたちの棟梁。赤髪のイケメンに。魔素量が増大。
朱菜(シュナ) オーガたちの姫。さらに可愛くなり美少女に。
紫苑(シオン) 鬼の面影が薄れ知的な雰囲気に。美女化。
白老(ハクロウ) 年寄り姿から若返る。
蒼影(ソウエイ) 雰囲気は変わらないがイケメン化。
黒兵衛(クロベエ) 見た目は普通のおっさんに。リムルはシンパシーを感じる。
公式ページより引用

リザードマン登場

場所は変わり、リザードマンたちが住む湿地帯。

監視をしていたリザードマンは、約20万ものオークの行進を目撃します。

すぐにリザードマンの王の元へ、状況を報告します。

リザードマンの王曰く、言うことなど聞かないオークが大群で行進するなんてことはあり得ない。

これは数百年に一度現れるという化け物「オークロード」が現れたのではないかと推測します。

数で圧倒的に劣るリザードマンの王は、自らの息子を呼び出し周辺のゴブリンたちに協力を要請するよう指示をします。

王の息子は名を「ガビル」と言い、実はガビルも「ゲルミュット」によって名付けられた名前でした。

ガビルは兵を連れ、ゴブリンの里へ向かいます。

向かう途中部下たちにヨイショされたガビルは、オークの件が終われば次期当主になると言い出し第10話は終わります。

公式ページより引用

第10話の評判

まとめ:感想

オーガの6人はリムルに名前を与えられて上位魔物の鬼人に進化しましたね。これでやっとメインキャラクターが揃った感じです!

鬼人6人の今後の活躍に大期待です。そしてガビルの小物感がすごい。。笑

次回、「ガビル参上!」

次回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第11話あらすじ|感想

【転生したらスライムだった件】を31日間無料で観てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA