【転生したらスライムだった件】第8話あらすじ|感想

「転生したらスライムだった件」第8話「受け継がれる想い」を視聴しました。

前回の7話では、久しぶりにヴェルドラも登場しましたね。

イフリートの封印から解放されたシズは、一体どうなってしまうのでしょうか⁈

第8話あらすじ

シズの経緯

リムルがイフリートを捕食し、封印から解放されたシズは、ベットの上で意識を取り戻します。

シズは横になりながら、隣にいるリムルにお礼を言い、これまであった経緯を話し始めます。

  • 魔王に召喚させられ、イフリートを憑依させられたこと
  • 友達を殺めてしまったこと
  • 勇者と出会ったこと
公式ページより引用

魔王の側近として使えていた時、戦いがありシズは殿として魔王の城に残り勇者と戦いました。

しかし、あまりの実力差にシズは死を覚悟します。

殺されると思ったその時に勇者は、魔王の側近であるシズに対し、

「どうしてここにいるのか。どうやって生きてきたのか」質問し、これまでの話を聞いてくれました。

そして「もう大丈夫だよ」と。

公式ページより引用

その後は勇者と共に行動をし修行を積んだシズですが、ある日勇者は姿を消してしまいます。

勇者がいなくなった後もシズは、みんなの役に立とうと魔物と戦い続け「爆炎の支配者」と呼ばれるまでになりました。

公式ページより引用

その後、加齢によりイフリートの制御も弱くなったこともあり、英雄を引退し学校の先生として過ごします。

今回は寿命の終わりを感じ、最後に自分を召喚した魔王に会うために旅に出たのでした。

シズさんは、リムルの本当の名前を聞きます。

リムルは、「三上悟」。

シズさんは、「井沢静江」だと。

最後の願い

シズさんは、リムルに最後のお願いをします。

「私を食べて」

シズさんは、この世界でなくリムルの中(どこか別の場所)にいたいと望みます。

リムルは、自分の中で眠らせることを了承し約束します。

シズは、最後に力尽きる前に自分を召喚した魔王の名前を口にします。

その男の名は、「レオン・クロムウェル」。

そうしてシズは息を引き取ります。

リムルの変化

シズを捕食したリムルは、なんと美少女の姿になってしまいました。

公式ページより引用

その姿を見た冒険者3人に、シズの結末を伝えます。

シズとの別れを惜しむ3人は、持ち前の明るさで前を向き、自分たちの国にもどっていきます。

こうして、爆炎の支配者を言われたシズとの物語は終わりました。

リムルは、シズを悲しませた魔王「レオン・クロムウェル」を探すことを誓います。

公式ページより引用

別の場所では

場所は変わり、砂漠地帯。

乾き飢えた1匹のオークに名前を与える「ゲルミュッド」と名乗る人物。

新たな物語が始まる予感で第8話が終了します。

第8話の評判

まとめ:感想

リムルの運命の人と言われていたシズが、早々にいなくなってしまいました。。

また会える時があれば嬉しいですが。

そしてリムルの女の子の姿が出てきたことで、やっとオープニングの人物が誰かわかりました。

(リムルだったんですね。)

次回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第9話あらすじ|感想

【転生したらスライムだった件】を31日間無料で観てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA