【転生したらスライムだった件】第9話あらすじ|感想

「転生したらスライムだった件」第9話「大鬼族の襲撃」を視聴しました。

リムルのスキルがどんどん増えていって、改めて異世界で無双してるなぁと認識した回です。

前回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第8話あらすじ|感想

第9話あらすじ

一度壊れてしまったゴブリン達の村も、順調に復興が進んできました。

リムルは、シズさんを捕食したことによる人間の擬態化を一人試してみます。

公式ページより引用

女性の姿でありながら、体は男でも女でもない「無性」をいうことを確認しました。

公式ページより引用

リムルは、人の姿なら食べ物の味を感じて食事ができることを思いつきます。

リグルドに、今晩は宴会にしようと提案しました。

食料調達のため森に向かうゴブリン達をリムルは見かけます。

リムルは、森の気配に違和感を感じ、念のためゴブリンたちにランガを同行させることに。

公式ページより引用

リムルは、洞窟で1人で新しいスキルの確認をします。

シズから受け継いだスキルと、魔力を抑える仮面を試している時にランガから助けの要請が入ります。

向かってみると、ランガ達は見知らぬ大鬼族(オーガ)たちと戦っています。

公式ページより引用

リムルは、

「ウチの奴らが失礼したな。話し合いに応じる気はあるか?」

と尋ねますが、

「正体をあらわせ!邪悪な魔人め!」

とオーガたちは引く気配を見せません。

仕方なく、リムルはオーガ達と戦います。

今まで獲得したスキルを使い、軽々とオーガ達を倒していくリムル。

公式ページより引用

少し本気

リムルを、豚頭族(オーク)の仲間の魔神だと勘違いしているオーガ達。

リムルは、一度自分の力を見せて降参してもらおう考えました。

前回の戦いで得たスキルの「黒炎」を出します。

周囲の魔素を利用するのでなく、リムル自身の魔力に驚くオーガ達ですが、敵わないと知りながらも一矢報いようとします。

そんな時、ピンク髪のオーガ達の仲間が戦いを止めます。

リムルは、自分たちの敵ではないと気づいたからです。

オーガ達はリムルたちに勘違いを謝罪しました。

騒動は一件落着ということで、リムルはオーガたちを自分たちの村に誘います。

「今晩は宴会だから人数は多い方が楽しい」と言い第9話は終わります。

第9話の評判

まとめ:感想

リムルが女の子の姿でこれまで獲得したスキルを多く見せてくれました。

てか「黒炎」って強すぎですね。

リムル無双状態はいつまで続くのでしょうか。。。

新たな種族のオーガたちとの出会いで、この先どう物語が進んでいくか楽しみです!

次回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第10話あらすじ|感想

【転生したらスライムだった件】を31日間無料で観てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA