【転生したらスライムだった件】第32話あらすじ|感想

「転生したらスライムだった件」第32話「希望」を視聴しました。

新たな魔王誕生が、全ての希望につながっている。

前回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第31話あらすじ|感想

第32話あらすじ

クレイマンについて

ミュウランにクレイマンについての情報を聞き出します。

クレイマンは、マリオネットマスター

ミュウランの任務は、テンペストの内偵と大魔法の発動でした。

クレイマンに心臓を奪われているため、それ以来逆らうことができなかったと。

クレイマンの狙いは「テンペストとファルムス王国の戦争」を引き起こすこと。

リムルは、ミュウランの処遇を一時保留にします。

怪我人のお見舞いに

リムルは、戦いで重傷を負ったハクロウとゴブタのお見舞いに。

空間属性のスキルの影響で、ポーションが効かず傷がふさがっていませんでした。

リムルのグラトニーで空間属性のスキルを捕食し、無事2人はポーションで回復することができました。

シオンは?

リムルは、姿の見えないシオンを探します。

ベニマルは一言、

「ついてきてください」

と言うとリムルを広場に案内します。

公式ページより引用

広場に安置してあった遺体の中に、シオンとゴブゾウの姿が。

シオンは子供をかばって斬られてしまっていました。

リムル自問自答

リムルは、1人にさせてと頼みます。

シズの仮面をつけ、1人大賢者と自問自答します。

「計算不能」

「理解不能」

「回答不能」

リムルは、大賢者に死者を蘇らせる魔法を探させますが、該当するものはありませんでした。

公式ページより引用

希望はまだ残っている

そんな時に、ブルムンド王国の冒険者たち3人がリムルの元に駆けつけます。

その中の1人、エレンは蘇生の可能性はあると言います。

実は、エレンは魔導王朝サリオンのお嬢様で、一部の人しか知らない蘇生のおとぎ話を始めます。

公式ページより引用

少女とドラゴンの話

昔、龍と人の間に生まれた女の子がいました。

少女には子竜の友達がいました。

ある時、少女の力を狙った国王に子竜が殺されてしまいます。

怒り狂った少女は、その国を滅ぼしそのまま魔王となりました。

少女が魔王となると、死んだはずの子竜が蘇ります。

しかし、蘇った子竜は意識を持たないカオスドラゴンとなってしまいます。

結局、魔王となった少女にカオスドラゴンは封印されてしまいました。

公式ページより引用

つまり

この話によるとリムルも魔王になれば、仲間が蘇る可能性があるとうこと。

大賢者によるとリムルは、すでに魔王になる素質は持っています。

あとは生贄として1万人以上の人間の魂が必要です。

その時ソウエイから連絡が入ります。

ファルムス王国と西方聖協会の連合軍2万人がテンペストに向かっているとのこと。

リムル「ちょうどよかった。」

ミュウランを解放

ミュウランの処遇を決めます。

「ミュウランには死んでもらう」と言うリムル。

ヨウムとグルーシスは必死に止めますが、ミュウランはリムルに胸を突かれてしまいます。

殺されたと思いましたが、実はミュウランの擬似心臓を入れ替えたのでした。

ミュウランの擬似心臓が、クレイマンに情報を送っていたようです。

これで無事クレイマンの支配から解放されました。

ミュウランはこの先、ヨウムと生きていくことを決めます。

公式ページより引用

シオンたち復活に向けて

リムルは魔王になる計画と、シオンたちの復活の可能性を話します。

リムルはヨウムに、ファルムス国軍を殲滅した後、ファルムス王国の新たな国王になるよう頼みます。

そして、ファルムス王国とテンペストの国交を結ぶ計画です。

ヨウムは承諾し、シオンたちの復活計画について会議を始めます。

第32話の評判

まとめ:感想

フラグはありましたが、シオンがいなくなるのは悲しいですね。。。

魔王になってでも、なんとかして蘇生させてもらいたいです。

次回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第33話あらすじ|感想

【転生したらスライムだった件】を31日間無料で観てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA