【転生したらスライムだった件】第38話あらすじ|感想

「転生したらスライムだった件」第38話「人魔会談」を視聴しました。

各国の偉い人たちと、テンペストの未来について会議が始まりました!

前回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第37話あらすじ|感想

第38話あらすじ

ラプラスとユウキ・カグラザカ

神聖法皇国ルベリオス「奥の院」に忍び込むラプラス。

しかし神聖な場所である奥の院に、ヴァンパイアの姿が。

ラプラスは、ヴァンパイアにやられ追い返されてしまいます。

ラプラスは、その報告をユウキにします。

ユウキは、「ギルドのグランドマスター」「ひん曲がった野望」の2つの顔を同居させているとラプラスは言います。

そしてユウキの中にいた、ラプラスたちの会長、元魔王のカザリームはホムンクルスに定着し復活したと。

ラプラスの報告

西方聖教会について報告します。

法皇しか入れない奥の院にいたヴァンパイアは、魔王ヴァレンタインだとカザリームは言います。

昔、カザリームとヴァレンタインの戦いの被害が甚大すぎたため、魔王たちの話し合い「ワルプルギス」が開かれるようになりました。

ラプラスは、もっと詳しくヴァレンタインと西方聖教会について調べたければ、

クレイマン、ミリム、フレイの名を使い「ワルプルギス」を開けば良いと提案しました。

公式ページより引用

来賓紹介

これから会議が始まります。

テンペストのメンバーに加えて、

  • ドワルゴンのガゼル王
  • サリオンのエラルド
  • ユーラザリアの三獣士
  • ブルムンドのヒューズ
  • (今後のファルムス王国)ヨウム

とそうそうたるメンバーが揃いました。

そこにヴェルドラも現れます。

暴風竜ヴェルドラの登場に一同驚愕しました。

公式ページより引用

一度別室で

ガゼル王は、リムルを呼びエラルドと3人で密談をします。

封印を解かれているヴェルドラの存在に驚く2人は、リムルに説明を求めます。

リムルは、これまであった出来事を全て話しました。

公式ページより引用

ヴェルドラの復活により起きる問題は、「西方聖教会」だと2人は言います。

西方聖教会は、「竜種」特に「暴風竜」を敵対視しているとのことです。

エラルドがテンペストに来た本来の目的は、リムルを見極め危険な魔物なら討伐するということでした。

エラルドは、リムルとヴェルドラの存在を知り、国を代表して友好を結ぶことを選びます。

会議再開

3人は会議に戻り、リムルのこれまでの出来事を再び話しました。

ヒナタ・サカグチと戦ったことについては、ヒナタの印象がリムルの時と、各国の情報とで違いがあるようです。

ヒナタの始末をしてくると言い出すシオンとディアブロ。

公式ページより引用

ヴェルドラも混ざろうとしますが、リムルに止められます。

こちらからは手を出さずに今は様子を見ようと。

公式ページより引用

リムルは、ヒナタに密告したであろう心当たりのある人物に「ユウキ・カグラザカ」を想像しています。

ラミリス登場

本題に入ろうとした時に、魔王ラミリスが現れました。

ラミリスは、

「この国、テンペストは滅亡する」

と言い出します。

第38話の評判

まとめ:感想

ユウキ・カグラザカって味方的なポジションと思いきや、まさか敵?

会議ばかりですが、内容は深まってきました。

最後にラミリスが、国は滅びるとか言い出すし。

この会議の結論はどうなって行くのでしょうか⁈

次回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第39話あらすじ|感想

【転生したらスライムだった件】を31日間無料で観てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA