【転生したらスライムだった件】第47話あらすじ|感想

「転生したらスライムだった件」第47話「起死回生」を視聴しました。

ヴェルドラが「かめはめ波」撃ってました。

前回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第46話あらすじ|感想

第47話あらすじ

ヴェルドラ登場

突如現れたヴェルドラに、リムルはワルプルギスに来た理由を尋ねます。

ヴェルドラは、リムルから渡された漫画の続きが気になってここまで来たようです。

リムルは、ヴェルドラに漫画の続きを渡す代わりにミリムの相手を任せます。

ヴェルドラは、ミリムのことを「兄の一粒種だな」と言い相手をすることに。

公式ページより引用

ランガたちは

リムルはランガの元に駆けつけます。

ランガが戦っている九頭獣の様子が変です。

どうやらクレイマンに操られ、無理やり戦わされている様子。

ランガが周りの魔獣を抑えている間に、リムルは九頭獣にかけられている支配の呪法を解除します。

元の姿に戻った九頭獣をランガに引き渡しました。

公式ページより引用

ベレッタは

続いてベレッタの様子を伺うリムルですが、

そこには戦っていたはずのビオーラという人形がすでに解体され、ベレッタがパーツを手入れをしている姿が。

活躍する姿を見せられなくて残念だというベレッタ。

ベレッタは、この人形を戦利品にラミリスと自分をテンペストに住ませてもらえないか尋ねます。

リムルは、その件は保留と言いクレイマンと戦っているシオンの方へ向かいます。

シオン VS クレイマン

シオンは、魔王であるクレイマンを圧倒していました。

クレイマンは、人形を召喚し戦わせますが、シオンに一刀両断されてしまいます。

クレイマンのマリオネットダンスは人形が瞬時に回復して戦い続ける技ですが、

シオンの持つ大太刀の「ソウルイーター」の効果で発動されません。

公式ページより引用

クレイマンは、ミリムに仕掛けた支配魔法「操魔王支配(デモンマリオネット)」でシオンを捕らえます。

しかし、「魔王すらも支配する究極の支配の呪法」だと言いますが、シオンには効果ありませんでした。

追い詰められたクレイマンは、上着を破り捨て変身を始めます。

背中から無数の手を生やし、鎧に覆われたような体になり、仮面をつけるクレイマン。

本気を出したクレイマンですが、それでもシオンの攻撃を受けダウンします。

ミリム復活

クレイマンは、たまらずミリムに助けを求めました。

しかしミリムの方へ目をやると、そこにはヴェルドラとミリムが桁違いの力で戦っている姿が。

フレイにも助けを求めますが、簡単に断られてしまいます。

クレイマンは、ミリムに「狂化暴走(スタンピート)」するよう命令しました。

ミリム「なんでそんなことする必要があるのだ?リムルたちは友達なのだぞ?」

いつもの調子に戻っているミリム。

ミリムは、最初からクレイマンに操られてはいなかったのでした。

驚きのあまり、カリオンを殺したことを自白するクレイマン。

しかし、フレイの従者に変装していたカリオンが現れ、カリオンが生きていることが判明します。

フレイに裏切られたクレイマンは激怒しますが、すかさずシオンに斬られ瀕死の状態に。

ギィが結界を解き、この戦いはリムルたちの勝利となりました。

公式ページより引用

クレイマンと中庸道化連

瀕死のクレイマンは、ラプラスの忠告を聞かなかったことを後悔します。

中庸道化連の一員だと認めてもらいたかったと。

クレイマンが過去を振り返ります。

魔王カザリームからクレイマンを紹介されたと声をかけるユウキ・カグラザカ。

ユウキは、カザリームの復活と引き換えに、ユウキの手助けをするようクレイマンに依頼していました。

クレイマンは死に際、何も成し遂げられなかったことを後悔します。

このままでは死ねないと思うクレイマンは、世界に向け力を望み、世界はクレイマンの願いを受け止めます。

クレイマンは、魂をエネルギーに変換し「覚醒」します。

公式ページより引用

覚醒したクレマンに対しリムルは、「計画通り」だと言います。

これまでクレイマンが殺した人の魂を解放するために、クレイマンの覚醒が必要だったと。

リムルはクレイマンとの決着をつけに向かいます。

第47話の評判

まとめ:感想

通常通りのミリムが久々に見られました。

シオンは魔王のクレイマンを倒してしまうし。鬼人たちの強さインフレがすごいです。

次回が2期の最終話です。全然終わりそうにない気が。。。

次回のあらすじはこちら:【転生したらスライムだった件】第48話あらすじ|感想【2期最終回】

【転生したらスライムだった件】を31日間無料で観てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA