【おすすめ】アニメ化されたラノベ作品25選!

【このすば】ダクネスの魅力を徹底解説!ドM名セリフまとめ

この素晴らしい世界に祝福を!は、異世界に転生した主人公と仲間たちによって繰り広げられる、大人気作品です。

このすばのヒロインであるダクネスは、ドMで変態ですが、実はかなりのお嬢様でもあります。

そんなダクネスは最高の「くっ殺キャラ」でもあり、可愛いシーンやドMな発言がとても印象的です。

今回はダクネスの可愛いシーンや、ドMな発言について紹介していきます。

くっ殺(くっころ)とは

「くっ、殺せ!」の略として用いられる、コピペ由来のインターネットスラング。ゲーム等のファンタジー世界(を舞台とするエロゲ)において、女騎士が敵(もっぱらオーク)に囚われ、まさに陵辱されようとしている場面で、女戦士が悲壮にも辱めを受けるくらいならいっそ死を選ぶ決意でこのセリフを叫ぶ・・・・・・というようなステレオタイプなシチュエーションを想起させるといって面白がられている。ウェブ上での使用場面は多岐にわたり、意味合いは判じがたい。

weblio辞書より引用

ダクネスとは

ダクネスはスタイルがかなり良く、ロングヘアーの美人なお嬢様です。

しかし中身は、ドが付くほどのMで変態な上、女騎士としては致命的な攻撃が全く当たらないクルセイダーになります。

そのためダクネスは冒険の際、パーティの防御を担当することがほとんどです。

ダクネスはドMということですが、どれくらいかと言うと、敵からの攻撃を受けて喜んだり、捕まったら辱めを受けるという妄想をするほど。

そしてカズマから批判的な発言を受けても、ショックを受けることは無く興奮してしまうのです。

いつも明るく変態キャラでいてくれるダクネスは、パーティメンバーの中になくてはならない存在と言えるでしょう。

ダクネスの可愛いシーン

ダクネスは変態ですが、お嬢様でもあり、明るいだけでなく可愛いと思えるシーンも多いです。

そんなダクネスの魅力的で可愛いシーンを紹介していきます。

初めてのドMシーン

ダクネスが初登場するシーンで、モンスターであるキャベツが街を襲ってきます。

街の住民を守ろうと身体を張るダクネス。

その際、キャベツの体当たり攻撃を受け、徐々に鎧が削ぎ落されるのです。

あらわになっていく自分の姿に街の人たちからの視線を感じ、いやらしい妄想をしてしまうドM感満載の可愛いダクネスを見られたシーンでした。

ララティーナお嬢様

ダクネスは貴族である身分を隠して冒険をしています。

お嬢様の姿を見られるのは恥ずかしいためです。

そのためダクネスは、ララティーナお嬢様やララティーナと呼ばれると、異常に恥ずかしがります。

恥ずかしがる姿は、普段見るドMで変態なダクネスとはかなりギャップがあり、純情な女の子らしく非常に可愛いです。

ダクネスのドM名言

ドMで変態と言われるダクネスは、様々な名言があります。

どんなピンチも喜びに変えるダクネスによる、ポジティブな発言は頭に残り続けるほど強烈です。

そんなダクネスのドMな名言を紹介していきます。

「むしろ望むところだ」

ダクネスの代名詞とも呼べる名言の1つで、作中で多く飛び出ます。

相手が誰であろうと、敵の攻めは最高の興奮材料。

攻められることが大好きなダクネスは、喜んで立ち向かうのです。

そして「むしろ望むところだ」という名言は、ダクネスを象徴する言葉とうこともあり、Tシャツとしてグッズにもなっています。

「いってくりゅ~」

ベルディアとの戦闘時でのダクネスの言葉です。

脳内でベルディアを変態魔王に仕立て上げるダクネスは、城に連れていかれて攻められるという妄想をします。

ハァハァと興奮しながらいうダクネス。

そんなダクネスに困惑するベルディアを、カズマが敵なのに気遣ってしまうのです。

「魔王にエロい目に合わされるのは、女騎士の相場」

自ら敵に捕らわれようとするダクネスの言葉。

ドMで変態なダクネスを象徴するセリフとなっています。

残念な仲間をこれ以上増やしたくないカズマが、ダクネスを説得するために脅しました。

しかしカズマに脅しで言われた「女騎士は酷い目に合う」というのは、ダクネスにとってはご褒美でしか無かったのです。

ダクネスがカズマたちのパーティへ、さらに入りたいという決意を固めてしまう結果になってしまったシーンでした。

ダクネスの声優は?

ダクネスの声優を担当するのは茅野愛衣さんです。

茅野愛衣さんはおっとりした外見をしており、普段は内気で物静かな少女を演じることが多いです。

愛称として「かやのん」と呼ばれたりします。

そんな中ダクネスを演じるというのは、非常に新しく、いつもと違う茅野愛衣さんを堪能できました。

昔から人を癒す仕事に就きたかった茅野愛衣さんは、仕事から帰宅して付けたテレビで、当時放映していたARIAに癒されます。

このことから、アニメにも癒しの力があると知ることで興味を持ち、声優になるのでした。

アニメ見るならおすすめランキング

  • 1位:U-NEXT

    21万本以上の作品が見放題とVODサービスの中で圧倒的な作品数を配信!さらに漫画やラノベの購入に使えるポイントが毎月1,200ポイントもらえる。

    評価
    おすすめポイント31日間無料
    月額料金2,189円(税込)

    U-NEXTは、21万本以上の作品が見放題と圧倒的な作品数を配信しており、特にアニメの分野は見放題で見られる作品数No. 1です。今なら31日間無料トライアル期間が用意されているため、サービスに不安を感じるユーザーも安心して試すことができます。 また、U-NEXTは動画だけでなく書籍も充実しています。 無料期間でお試しして、満足できなければ解約できるので金銭の負担もありません。

  • 2位:FODプレミアム

    フジテレビ系のドラマやアニメなどを独占配信!無料でもらえるポイントが毎月最大900ポイント!

    評価
    おすすめポイント14日間無料
    月額料金976円(税込)

    FODプレミアムは14日間のお試し期間があるので無料でアニメを視聴可能です。また、放送直後の見逃し放送も無料配信しています!他にも現在放送中のアニメから過去のアニメも多数見放題。 実はアニメ好きにはたまらない動画配信サービスです!

  • 3位:Amazonプライムビデオ

    会費は年間4,900円、または月額500円(税込)と割安でプライム会員のサービスも使えてお得!

    評価
    おすすめポイント30日間無料
    月額料金500円(税込)

    Amazonプライム・ビデオは数ある動画配信サービスの中でも月額料金500円と割安で、プライム会員特典が利用でき便利で嬉しいと評判です。また学生さんならPrime Studentを利用でき、プライム会員料金が月額250円と安くておすすめ。

まとめ

今回はダクネスの可愛いシーンや、ドMな発言について紹介してきました。

ドMな変態でくっ殺キャラですが、お嬢様という属性も持っているダクネス。

変態的な言動もありますが、時折見せるお嬢様らしさや恥ずかしがるシーンは、見ていて悶えてしまうほどの可愛さです。

美麗な女騎士でありながらも、そこはかとなく残念なダクネスの笑えるシーンや、可愛いシーンが盛りだくさんのこのすば。

気になった方はぜひ視聴してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA