【おすすめ】アニメ化されたラノベ作品25選!

【ネタバレ】このすば原作の最終回あらすじは?

この素晴らしい世界に祝福を!(略称このすば)は、異世界に転生した主人公と仲間たちによって繰り広げられる、大人気作品です。

このすばは、2013年よりスニーカー文庫で刊行が始まり、2016年にはアニメの放送が始まりました。

そんなこのすばが、2020年5月に原作の最終巻が刊行されたのです。

アニメを見て、このすばの最終回が気になった方も多いのではないでしょうか?

この記事では、このすば原作最終巻のあらすじを紹介していきます。

ネタバレ要素含む内容になりますのでご注意ください。

最終巻の情報

このすばは2013年より刊行が始まり、原作本編17巻が最終巻となります。

1つ前の16巻では、アクアが家出をし魔王城へ行ってしまうのを、なんだかんだで追いかけるカズマという形で終わりました。

最終巻は続きとなり、魔王城の結界をめぐみんの「エクスプロージョン」という爆裂魔法を連打し、魔王城の結界を破壊します。

その後アクアたちとで再び集結するカズマたちが、遂に魔王と最終決戦へ挑むことになるのです。

最終回あらすじ

このすば最終巻では、家出をしたアクアと合流し、パーティーメンバーで魔王に戦いを挑むことになります。

めぐみんの爆裂魔法の連打による魔王城の結界を破ったり、家出したアクアと合流し背中を預け合いながら戦うエモい展開などがありました。

ですが一番の見どころと言われると、最終決戦である魔王とのバトルでしょう。

ここではカズマVS魔王について紹介していきます。

魔王を倒すことへの決意

家出をしたアクアと合流することができたカズマ。

本当ならもう帰っても良いという状況になります。

アクアは魔王を倒さないと天界へ帰ることができません。

しかしアクアは自分勝手に家を飛び出してしまったこともあり、カズマへ負い目を感じているのか、珍しく気を使い「帰る」という意思を受け入れるのです。

そんな無理をしているアクアを見たカズマも珍しくアクアに気を使い、色々な理由を付けて魔王を退治することに決めました。

そんなカズマを、めぐみんとダクネスがツンデレを見るような目でニヤニヤしていたのです。

カズマが本来持っている優しい一面を見ることができたシーンでした。

魔王との直接対決 カズマVS魔王

魔王と近衛の強いモンスターといよいよ戦うことになったカズマたち。

ダクネスがモンスターたちの攻撃を受け耐えてる間、カズマが潜伏スキルにより魔王を背後から暗殺しようとします。

しかし、潜伏スキルが通用しないアンデッドモンスターに見つかると、カズマはあっけなく殺されてしまうのです。

死んでしまったカズマは気づくと天界にいて、エリス様に強化魔法をかけられ「一騎打ちで魔王を倒してほしい」と無茶なお願いをされます。

カズマはゴネながらも引き受け、魔王と一騎打ちで戦うことになりました。

カズマは魔王相手に苦戦しますが、最終的にめぐみんから貰ったマナタイトを使い爆裂魔法を魔王に放ちます。

魔王を倒しますが、狭いダンジョン内で爆裂魔法を使用したため、カズマも死んでしまうのでした。

マナタイトとは

マナタイトは高密度に魔力を封じ込めた宝珠で、魔法発動時に魔力を引き出すことができる、使い捨ての高価なマジックアイテム。

カズマの選択

再度カズマが死んでしまい天界に戻ると、エリスとアクアがいました。

カズマが魔王を倒したことで、アクアは天界へ戻ってくることができたのです。

泣きじゃくるアクアから、死んでしまったカズマの先行きを聞き、2度と生き返れないことを悟ります。

しかし、今までの功績が評価されエリスはカズマに普通とは違う死後の道が与えられることになるのです。

それは、

  • 天国でのんびりと過ごす
  • (一生かけても使いきれないお金付きで)体を得て日本へ帰る
  • 体を得て、パーティメンバーのいる世界にもう一度降り立つ

というもの。

最後の選択を聞いた時のアクアは顔を輝かせていて、まるでカズマがどれを選ぶのか分かっている様でした。

そしてカズマは3つ目の選択を選び、めぐみんやダクネスたちと感動の再会を果たし、ハッピーエンドを迎えることになります。

最終巻の感想

アニメ見るならおすすめランキング

  • 1位:U-NEXT

    21万本以上の作品が見放題とVODサービスの中で圧倒的な作品数を配信!さらに漫画やラノベの購入に使えるポイントが毎月1,200ポイントもらえる。

    評価
    おすすめポイント31日間無料
    月額料金2,189円(税込)

    U-NEXTは、21万本以上の作品が見放題と圧倒的な作品数を配信しており、特にアニメの分野は見放題で見られる作品数No. 1です。今なら31日間無料トライアル期間が用意されているため、サービスに不安を感じるユーザーも安心して試すことができます。 また、U-NEXTは動画だけでなく書籍も充実しています。 無料期間でお試しして、満足できなければ解約できるので金銭の負担もありません。

  • 2位:Hulu

    アニメはもちろん海外ドラマの配信も早く人気のVODサービス。画質もフルHDで綺麗な映像で視聴できます。

    評価
    おすすめポイント14日間無料
    月額料金1,026円(税込)

    Huluは、10万本以上の作品が見放題。インターネットに接続したテレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットなどで視聴可能です。テレビで放送中の人気番組の見逃し配信や、音楽のライブ配信などラインナップも幅広くHuluでしか観られないコンテンツも豊富に取り揃えています。また、ライブ配信も充実。日米英ニュース、音楽、ドキュメンタリー、スポーツなどをお楽しみいただけます。

  • 3位:Amazonプライムビデオ

    会費は年間4,900円、または月額500円(税込)と割安でプライム会員のサービスも使えてお得!

    評価
    おすすめポイント30日間無料
    月額料金500円(税込)

    Amazonプライム・ビデオは数ある動画配信サービスの中でも月額料金500円と割安で、プライム会員特典が利用でき便利で嬉しいと評判です。また学生さんならPrime Studentを利用でき、プライム会員料金が月額250円と安くておすすめ。

まとめ

今回はこのすば原作最終巻のあらすじ、そしてネタバレを紹介してきました。

めぐみんの爆裂魔法連打や、アクアと合流し背中を預け合いながら戦うエモい展開もあり、かなり面白かったです。

そして一番の見どころだった魔王との直接対決や、カズマの最後の選択によりハッピーエンドで終わったのも素晴らしく、良い最終巻でした。

そして今回は書籍版の最終巻を紹介してきましたが、WEB版の最終話はまた少し違った内容となっていました。

しかし残念ながら、今はWEB版は削除されてしまっています。

近い内に、以前からの宣言通り、『この素晴らしい世界に祝福を!』を削除致します。連載中ならともかく、完結済みの書籍化作品がいつまでもランキングに残ってると、書籍化を狙っている人の邪魔ですしね。というかランキング除外にして残しても良かったんですが、実は現在、書籍版はweb版の改悪だとの苦情が自分ではなく他の色んな方のところに飛んでおります。このままでは書籍に携わってくれた方々に大変申し訳ないのと、あと、作者としても肩身が狭く、心苦しい状態です。残しておくと今後も色々と火種になりそうなので、寂しいですがサクッといっちゃいます。今後、苦情などは自分の方に言って頂けるとありがたいです。

自宅警備兵さんのお知らせページより

このすばの今後のアニメ化や、劇場版を楽しみに待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA