【おすすめ】アニメ化されたラノベ作品25選!

本当に面白いおすすめ野球漫画【10選】

野球というスポーツを通して人生の葛藤や青春を描く「野球漫画」。

野球漫画は数多くありますが、その中で本当に面白いものは何か気になる人は多いと思います。

今回は、元野球部の視点から本当に面白い野球漫画を厳選してまとめています!

電子書籍がお得に読めるサービス

サービス名特徴公式サイト
最大全巻半額で読める
*最大50%分のポイント還元!
詳細を見る
最大全巻半額で読める
*初回クーポン使用で50%オフ!
詳細を見る
無料登録で600ポイント分無料
*動画が見放題!
詳細を見る

ダイヤのA

”リアルすぎる高校野球の描写”

あらすじ

中学校最後の試合、主人公・沢村栄純の暴投により一回戦敗退が決まる。

その試合をたまたま見に来ていた名門・青道高校のスカウト高島礼は、沢村の持つ天性の素質を見抜き、彼をスポーツ推薦枠で招き入れたいと申し出る。青道高校を見学に訪れた沢村は、天才捕手・御幸一也と出会い、青道高校への入学を決意する。

そこには、同じ一年生投手で、超高校級のスピードボールを投げる降谷暁がいた。降谷に負けじと己の力を磨いていく沢村のエースを目指す物語。

おすすめポイント

超ポジティブな主人公・沢村を中心に、一人一人のキャラクターの細かい心理描写や成長をしっかり読ませてくれるのがダイヤのAの魅力です。

漫画ではありますが、本当に高校野球の現場にいるようなリアリティのある内容です。

レギュラーで試合に出られなかった人の姿など、試合だけでなく裏側もしっかり描写されていて、チーム内での切磋琢磨する姿は、自分自身が高校球児だった時を思い出します。

個人的には、沢村が序盤クリス先輩の指導に納得できず、不服な態度を示してましたが、クリスの事情を知った沢村が指導内容を理解し、熱い師弟関係を築いていくところが特にお気に入りです。

H2

”あだち充の本気の野球漫画”

あらすじ

親友でもありライバルでもある、主人公のエース国見比呂とスラッガーの橘英雄。比呂と英雄は、捕手の野田敦と共に中学地区大会で二連覇を果たすが、その後比呂は肘を、野田は腰を壊し野球をやめることになる。

野球の名門校に進学した英雄と、野球部のない高校に進学した比呂だったが、実は比呂と野田を診察した医者はヤブ医者で2人の体は全く問題ないことがわかった。

比呂と野田は野球部のない高校から甲子園を目指し、まずは野球部を作る所から始める。

おすすめポイント

ヒーロー2人とヒロイン2人が織りなす恋愛模様と、これまでのあだち充先生の漫画にないくらい(失礼)細かく描かれている野球の試合が見どころの作品です。

まず野球部のない所から野球部を作り、いるメンバーを最大限生かして強豪校にも勝利していく姿は野球少年の夢のような憧れる展開です。

比呂と野田以外にも、木根、柳、佐川、大竹、島などチームメイトも実力をつけ甲子園でも勝利していく高校へ成長していきます。

何より終盤のひかりを巡り、比呂と英雄が甲子園で対決するシーンは、野球漫画史に残る名シーンになりました。

メジャー

”メジャーリーガーの半生を描いた物語”

あらすじ

主人公の茂野吾郎の野球人生を描いた作品。吾郎の成長とともに所属するチームも彼の情熱で動かし、一丸となって目標に突き進んでいく。

物語は吾郎が幼稚園の頃からスタートする。吾郎の父親で、プロ野球選手である本田茂治は、肘を痛め投手として野球を続けることを諦める。しかし息子の吾郎のため、野手に転向し打者としてスタメンを目指す。

実力を認められた茂治は、メジャーから日本に助っ人に来たジョー・ギブソンと対戦し、息子の見ている前で見事ホームランを放つ。しかし次の打席に頭部に死球が当たり、その場は平気そうだった茂治だが、翌朝亡くなってしまう。

おすすめポイント

メジャーの魅力は、主人公・吾郎の熱いセリフや勝負シーンです。

「俺は自分の手で引いたレールの上を、自分の足で駆け上がっていきてえんだ。」と言い野球の名門高校を退学する姿は、胸を熱くさせられます。

吾郎は野球人生で投手にも野手にも、右投げにも左投げにもなり最後まで野球を楽しんでプレー姿を見せます。

野球をやってる人なら考える、「投げて、打って、走って」をすべて頑張りたい、という気持ちを体現してくれているのが、吾郎という存在です。

そして今、現実のメジャーリーグで活躍している「大谷翔平選手」がまさにこの漫画のような展開を現実で行っています。

ドカベン

”元祖硬派な野球漫画”

あらすじ

神奈川の明訓高校・野球部に入部したドカベンこと主人公の山田太郎。明訓高校には同じ捕手のポジションでスーパースターの主将・土井垣将がいた。

しかし、山田の実力を見抜いてる監督は入部早々に山田を捕手のレギュラーに据える。

山田と同じ学年で入部した岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三太郎など個性豊かなチームメイトと共にこの後の常勝チームを作っていく。

おすすめポイント

ドカベンは1972年から1981年に連載されていた作品ですが、今読んでも面白いと思える漫画です。

当時の野球漫画といえば必殺技やスポ根が全盛期でしたが、ドカベンではより実際の野球に近い感覚でストーリーが描かれています。

その中に岩鬼の悪球打ちや殿馬の秘打、里中のさとるボールなど個性的なプレーが詰め込まれています。

ドカベンはその後、「大甲子園」「プロ野球編」「スパースターズ編」「ドリームトーナメント編」と続編が続いていますので、続編を読んで気になった人は、最初のドカベンから読んでみても楽しめると思います。

タッチ

”ラブコメ野球漫画の王道”

あらすじ

上杉達也と和也は一卵性の双子の兄弟。弟の和也はスポーツ、勉強ともに成績優秀なのに対して、兄の達也は何事もいい加減な性格。

上杉兄弟の隣には幼馴染の浅倉南が住んでおり、3人は小さい頃から一緒に遊び、お互いを異性として意識しながら一緒の高校へ進学する。

兄の達也はボクシング部、弟の和也は野球へ、南は野球部のマネージャーになる。

1年生エースとして活躍していた和也だが、夏の大会前に悲劇が起こってしまうーーー。

おすすめポイント

弟の和也の展開が衝撃的すぎて、今までにないストーリー展開となりました。

野球と恋愛の両方をバランスよく描かれており、野球に興味がない人でも必ず面白く読めると思います。

まさにこんな青春を過ごしたかったと思わせてくれる内容ですよね。

今はこのタッチの続編として、26年後の明青学園が舞台となっている「MIX」が連載中なので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

キャプテン

”本気とは何かを思い出させてくれる”

あらすじ

野球の名門・青葉学院中学から転校して来た主人公の谷口タカオは、転校先の野球部で名門校のユニフォームを来ていることから名門校のレギュラー選手だと勘違いしてしまう。

実際は2軍の補欠だったタカオは、事実を言い出せず周囲の期待に応えるべく影で猛練習に励む。

その姿を見ていた先代キャプテンは、次のキャプテンにタカオを指名し、試行錯誤しながらチームを率いていくようになる。

おすすめポイント

キャプテンはもう40年以上前に連載されていた漫画ですが、今読んでも胸を熱くさせられる内容になっています。

今の時代だときつい練習をしすぎると、こんな無駄な練習してもとか、やりすぎだと言われますがキャプテンが連載されていた時代は違います。

圧倒的「努力」が正義の時代です。

今忘れかけている「本気で生きる」ことについて、この漫画を読めば思い出させてくれるはずです。

ROOKIES

”ドラマが楽しめた人なら原作はもっと楽しめます”

あらすじ

二子玉川学園高校(通称ニコガク)へ赴任して来た主人公の新人教師・川藤幸一。

ニコガクの野球部はかつて甲子園に出場していたほど伝統ある部活だったが、部員の起こした不祥事により活動停止となる。部員たちはやる気を失い、野球部は不良の溜まり場となっていた。

赴任して来た川藤はそんな野球部員たちを見て、心の奥底に残る情熱を見抜き野球部再建に乗り出す。

最初は馬鹿にしていた周囲の生徒も次第に川藤の本気さに惹かれ、一致団結し真剣に野球部として活動を始める。

おすすめポイント

2008年にドラマ化されたこのルーキーズですが、ドラマでは表現できなかったほどの胸の熱くなるシーンが漫画にはあります。

特に川藤の真剣さや熱さはぜひ漫画版で見ていただきたいと思います。

先生である川藤や、生徒の不良たちが失敗を繰り返しながらも、甲子園に向かうストーリーが面白くおすすめの作品です。

大きく振りかぶって

”今までになかったタイプの野球漫画”

あらすじ

主人公の三橋 廉は、中学時代祖父の経営する学校でエースピッチャーだったが、周囲から贔屓でエースになっていると疎まれてしまう。その出来事を気に病んだ三橋は、弱気で卑屈な性格になってしまう。

そんな状況から逃げ出すため、隣県のある西浦高校へ進学するが、そこは野球部ができたばかりで部員数も少なく図らずとまたエースを任されてしまうことに。

自分の投球に自信のない三橋だが、捕手の阿部 隆也は、三橋のある能力に気がつくーーー。

おすすめポイント

おおきく振りかぶっての最大の魅力は、今までの野球漫画には無かったものです。

それは何かというと、「一人一人の細かな心理描写」です。

野球漫画といえば、口数少なく力と力で真っ向勝負というのが定番でしたが、おお振りでは試合中の一球ずつの心理描写が非常に細かく表現されています。

野球をやったことのない人でも、こんな感じのことを考えながら野球ってやってるんだと楽しめる作品です。

野球経験者にとっては、確かにこういうこと考えながらやってるよなと共感できる場面も多いのではないでしょうか。

BUNGO

”真剣に野球をやっているのが伝わる作品”

あらすじ

主人公の石浜文吾は、父親に買ってもらった野球ボールで壁当てをしながら野球を始める。

文吾の住んでいる地区には野球チームがなかったため、ちゃんとした練習をしたことのない文吾だがある日、同じ小学生で、少年野球日本代表の野田幸雄に勝負を挑まれる。

結果、野田にホームランを打たれ敗北し文吾はこの後、野田を倒すためにさらに練習に励むようになる。

そんな2人は同じ中学に入学し、文吾は野田と同じシニアの野球チームに入る。

文吾は、才能豊かなライバルの多いシニアのチームで才能を磨き、成長していく。

おすすめポイント

才能はあるものの荒削りで、独学で野球をしてきた文吾が、シニアの野球チームに入ったことで敵味方多くの人物と出会い、成長していく姿は見ていて嬉しく感じます。

また舞台が中学生のシニアリーグのため、部活動でなくシニアリーグを選ぶ人たちだけが持っているような、真剣に野球に取り組む姿が非常にリアリティがあります。

文吾だけでなく、チームメイトたちも文吾の成長に刺激を受け切磋琢磨しながら成長していく姿は、興奮を感じながら読み進められます。

ドラベース

”草野球の魅力が伝わる作品”

あらすじ

時は22世紀、草野球チーム・ドラーズを率いる主人公・クロえもんは、一度も試合に勝てたことがないのに悩んでいた。ドラーズはドラえもん同様のネコ型ロボットたちが集まる草野球チーム。

ドラえもんの世界らしく、作中では1試合中に3個のひみつ道具を使うことができる。

「負けるのにもう慣れた」というそんなメンバーに対し、次の試合で負けたらドラーズは解散という条件を出し、次の試合に臨むことになる。

おすすめポイント

コロコロコミックで連載されていたドラベースですが、子供向けの漫画だと思いきや大人が読んでもかなり面白い内容です。

主人公のクロえもんの野球が好きという気持ちが、強く伝わってきます。

草野球だからこその、全力でプレーして楽しめる野球がしっかりと描かれています。

草野球をやっている人なら、自分のチームのように思えて胸を熱くしながら読み進めることができます。

まとめ

以上おすすめの野球漫画を厳選して10作品紹介しました。

やはり日本で人気のある野球を題材にした漫画は、数が多いだけあってどれもレベルが高いと感じます。

今回紹介した漫画ならどれもハズレはないので、まだ読んだことのない作品があればぜひ一度読んでみてはいかがでしょうか。

関連記事:本当に面白いおすすめ漫画【50選】

電子書籍がお得に読めるサービス

サービス名特徴公式サイト
最大全巻半額で読める
*最大50%分のポイント還元!
詳細を見る
最大全巻半額で読める
*初回クーポン使用で50%オフ!
詳細を見る
無料登録で600ポイント分無料
*動画が見放題!
詳細を見る

漫画も動画もお得に楽しむなら:U-NEXT

U-NEXTのおすすめポイント

・初回31日間無料!

・無料でもらえるポイントが600ポイント!

・40%のポイント還元がある!

・雑誌の読み放題も利用できる!

・アニメや映画なども見放題で配信数が多い!

U-NEXT公式サイトはこちら

31日間無料トライアル中!!

漫画をお得に購入するなら:まんが王国

まんが王国のおすすめポイント

・会員登録、月額料金は無料!

・最大50%ポイント還元!

・ポイント購入時、漫画購入時のダブルでポイント還元!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA